RisuPu(rspnet.jp) MCS利用規約

この記事は約6分で読めます。

第1条 (適用)

  1. この「RisuPu MCS利用規約」(以下「本規約」といいます。)は、陸ステップネットワーク(以下「弊ネットワーク」といいます。)が定める「rspnet.jp(RisuPu)会員規約」(以下「原規約」といいます。)の特則であり、RisuPu MCSのMCSメンバーのうちRisuPu MCSを利用するMCSメンバーについて適用されます。
  2. 本規約は、原規約の一部を構成するものとし、原規約と本規約の規定が矛盾抵触する場合は、RisuPu MCSの利用に関しては、本規約の定めが優先して適用されます。

第2条 (用語の定義)

本規約で使用する用語は、以下の各号に定めるほかは、原規約に定める意義を有するものとします。

  • (1) 「RisuPu MCS」とは、弊ネットワークがサービス提供するMinecraftサーバのサービスをいいます。
  • (2) 「運営チーム」とは、弊ネットワークのMCSを担当する運営をいいます。
  • (3) 「MCSメンバー」とは、本サービスの利用に関して弊ネットワークに対して、正当な申請を行った会員(メンバー)をいいます。

第3条 (禁止事項)

  1. MCSメンバーは、MCSメンバー権を利用して、又はRisuPu MCSの利用にあたり、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
    • (1) RisuPu MCSを利用するための情報(IPアドレスまたはIPアドレス等を確認できるページ・パスワード等)をMCSメンバー間又は第三者に共有等の行為
    • (2) RisuPu MCSのサービス運用または業務を妨害する行為、又はそのおそれのある行為
    • (3) RisuPu MCSで認められていない Mod、テクスチャ 等を利用する行為、又はそのおそれのある行為
    • (4) RisuPu MCSのチャット機能を用いて、荒らし行為、又はなりすまし等を行う行為、又はそのおそれのある行為
    • (5) RisuPu MCSのチャット機能に対して、スパムボット等を利用してチャットを妨害する行為、又はそのおそれの行為
    • (6) 公序良俗に反する行為、若しくはそれを助長する行為、又はそれらのおそれのある行為
    • (7) 法令等に違反し、又は公序良俗に反する情報を他のRisuPu MCSメンバー又は第三者に提供する行為
    • (8) 法令等、本規約等、並びに弊ネットワークとの間の取引に関する契約等に違反する行為や犯罪行為、それらに該当するおそれのある行為、又はそれらを教唆、幇助等する行為
    • (9) 事実に反する、又はそのおそれのある情報を提供する行為
    • (10) 他のMCSメンバー、弊ネットワーク、又は第三者が入力した情報を改竄する行為
    • (11) RisuPu MCS担当の運営チーム内で許諾していない建築物の破壊を行う行為、又はそのおそれのある行為
    • (12) RisuPu MCSにて使用等しているスクリプト、又はプラグインの脆弱性等を特定したりする行為
    • (13) コンピューターウイルス等有害なプログラムをRisuPu MCSを通じて、又はRisuPu MCS及びMCSメンバー権に関連して使用する行為、又は、提供する行為
    • (14) RisuPu MCSにRisuPu VPN、又はRisuPu VPNGate及び他VPNサービス、又はプロキシを経由してユーザーIPアドレスを偽造し、RisuPu MCSを使用する行為、又はそのおそれのある行為
    • (15) 思想・宗教及び政治・不適切を含む、社会的身分等差別につながるおそれのある書き込み(表現)およびスキン等の使用
    • (16) 広告や宣伝など、営利を目的とする行為・面識のない人との出会い・交際を助長することを目的とした公為や・MCSメンバーに不快感を与える書き込み(表現)
    • (17) RisuPu MCSのサービス提供目的と異なる使用をする行為、又はそのおそれのある行為
    • (18) 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為
    • (19) RisuPu MCS内でポーションを過度に投げたりし、サーバーへの負荷を掛けるような行為
    • (20) 他のMCSメンバー、第三者、又は弊ネットワークの設備等に支障を与える行為、又は与えるおそれのある行為
    • (21) RisuPu MCS内で迷惑行為を行う行為、又はそのおそれのある行為
    • (22) 人を自殺に誘引又は勧誘する行為、又は第三者に危害の及ぶおそれの高い自殺の手段等を紹介するなどの行為
    • (23) その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する態様又は目的で当該情報が掲載等されたウェブサイトに対するリンクを設置する行為
    • (24) 前号に定めるもののほか、文字、画像、音声その他の方法により、性的な好奇心を煽る情報を掲載する行為、第三者にそれを行わせる行為、又はそれに類似する行為
    • (25) 前各号の他、弊ネットワークが不適切と判断する行為
    • (26) RisuPu MCSの別途定めている各種ルールに違反する行為
  2. MCSメンバーが前項各号のいずれかに該当する行為を行い、弊ネットワーク、他のMCSメンバー又は第三者に対して訴訟、クレームその他請求がなされた場合、当該MCSメンバーの負担と責任をもってこれらの請求等を解決し、弊ネットワーク、他のMCSメンバー又は第三者を免責するものとします。

第4条 (利用制限等)

  1. 弊ネットワークは、以下の各号に該当する場合はRisuPu MCSの利用を停止し、RisuPu MCSのMCSメンバー権を失効させることができるものとします。
    • (1) MCSメンバーが原規約又は本規約に違反した場合
    • (2) 前号のほか、弊ネットワークが、相当の理由によりRisuPu MCSの利用を停止し又は失効する必要があると判断した場合
  2. 弊ネットワークは、前項の措置を講じたことによってMCSメンバー又は第三者に生じる損害等 及び結果について一切責任を負わないものとします。

第5条 (無効)

以下の各号のいずれかに該当するRisuPu MCSのMCSメンバー権は無効とします。

  • (1) 不正な方法により取得されたRisuPu MCSのMCSメンバー権
  • (2) 偽造又は変造されたRisuPu MCSのメンバー権

第6条 (中止・中断)

  1. 弊ネットワークは、以下の各号に該当する場合、MCSメンバーに対して事前に通知又は告知することなく、RisuPu MCSの新規申請受理・運用等を中止又は中断することができるものとします。
    • (1) 天災、事変、疫病の蔓延、放射能汚染、大規模公害その他の弊ネットワークの合理的な制御を超える事態が発生し、又は発生するおそれがある場合
    • (2) 電気通信設備の保守上又は工事、障害その他やむをえない事由が生じた場合
    • (3) 法令等(資金決済法等を含むが、これに限られない。)による規制が行なわれた場合
  2. 前項に定める措置を講じたことによって、MCSメンバー又は第三者に生じる損害等及び結果について、弊ネットワークは一切責任を負わないものとします。

第7条 (廃止)

弊ネットワークは、弊ネットワークの裁量によりRisuPu MCSの一部又は全部を廃止することができるものとします。

(附則)

第1条 本規約は、2019年7月22日から発効するものとします。

第2条 本規約は、2020年3月15日から改定・適用するものとします。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました